本文へ移動

不動産売買の手順

不動産の取引は人生の中でそう何度もあるものではありません
どのような手順で行われるかチェックしておきましょう

 
       ここでは一般的な不動産売買の流れについてご説明いたします。

不動産購入の流れ

1.  プランを立てる
 予算・・・・・・・・・ 自己資金がいくらあり、不動産購入にいくら使うことができるのか計算しましょう。また、自己資金の他にローンを利用する場合は、借入可能金額、月々に無理のない返済金額を基に借入金額を決めましょう。
 物件の種類・・・ ・・土地を買って新築にするか、中古住宅を購入するか決めましょう。
   地域・・・・・・・・・ 会社、学校、地縁など理由は様々です。
   *プランを立てるといっても何から考えてよいのか難しいものです。そのような場合も喜んでお手伝いさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。
2. 物件探し
 プランが決まりましたら物件を探します。チラシ・ホームページで気になる物件がございましたらお問い合わせください。もちろんご来店頂くこともできます。価格、所在地、設備などしっかり確認しましょう。
3. 重要事項説明
    購入の意思が固まりましたら、購入の申し込み(意思表示)をします。売主の承諾があれば、宅地建物取引主任者(不動産業者)が物件に関する大切な事柄を説明します。
 お客様に同意を頂ければ契約となります。
4. 契約
 契約書に署名捺印し、契約内容を文書として残します。このとき手付金を売主に支払います。
5. ローン申込
 購入資金にローンを使われるお客様は、ローンの申込をして頂きます。借入申込先、ローン商品、借入金額等はプランの段階で確認しておくと、購入申込から一連の流れがスムーズになります。
6. 残金決済
 物件の残代金(価格と手付金の差額)を売主に支払います。同時に、物件の買主への移転登記、引渡しを行います。取引が完了しましたら仲介料をお支払い頂きます。
 
 

不動産売却の流れ

 仲介(不動産業者に依頼し買主を探す)、買い取り(不動産業者に直接買ってもらう)という方法があります。ここでは仲介について述べていきますが、買い取り希望の方は担当までお申し付けください。
1. 査定を依頼する
 所在地、広さなど詳細情報をお聞きします。担当者が物件を調査後(物件の長所短所、法令上の制限等)、現在の不動産動向を参考にして売り出し価格をご提示致します。
2. 媒介契約を結ぶ
 提示した内容に納得して頂きましたら、不動産売却を○○に依頼します、という契約を結びます。これを媒介契約といいますが、3つのタイプがございますので、詳しくはこちらをご覧ください。
             ⇒ 「不動産売買のQ&A」
 物件を買いたいというお客様が見つかりましたら、売り手と買い手の希望条件の調整を行います。購入希望者の申込に対して売主が承諾すると契約になります。
4. 売買契約を結ぶ
 契約書に署名捺印します。この時買い手から手付金を受け取ります。
5. 引渡し準備
 物件を買い手に問題なく引き渡せるよう書類などを整えます。
6. 決済
 物件代金の残額を受け取り、物件引渡しを行います。ここで不動産の売却が完了となり、 仲介料をお支払い頂きます。
 
5
3
0
2
2
4
TOPへ戻る